心理療法 JR甲子園口 尼崎市 西宮市 芦屋市 宝塚 神戸東部 大阪市北西部 短時間通所可
ヒューマンフェノメナ 研究所   心理療法センター
臨床心理士よる運営です。 問合、申込0798−63−5513
 阪神淡路大震災で被災し、それを機に、前身のヒューマン ディヴェロップメント研究所を改名し「ヒューマン フェノメナ」としました。これは、直訳すると「人間の現象」ということで、広く深い構えで心理カウンセリングを考えようという気持ちで命名しました。前身のヒューマン ディヴェロップメント研究所から数えて25年以上になります。その間、不登校生徒、引きこもり、心的外傷(トラウマ)、対人恐怖、うつ状態、依存症、夫婦問題など様々な臨床に当たってきました。
 
研究所主宰の佐野俊和は、立命館大学心理学専攻卒後、兵庫医科大医心理学教室(当時)で学び、大学病院、精神病院などで臨床経験を積んできました。夢分析の教育分析を受け、1991年に臨床心理士の資格を取得しました。(臨床心理士番号02987)
 また、1997年から公立小中学校のスクールカウンセラーも兼務し現在に至っています。
 クライエントとの関わり方は、クライエントの語り、夢分析箱庭療法、絵画、コラージュなどの表現法を中心とし、時に自律訓練法で身体的な側面からのアプローチも行ってきました。
 その後、EMDR認知療法、収納イメージ法と出会い、その基本姿勢に共感し、方法論の確かさ、治療的効果に優れていることが高く評価できると考えました。治療に活用して極めて有効だと分かりました。また、心の部分(専門的に言うと自我状態、内在性解離)に対する治療としてUSPTやホログラフィートークという治療法が有効だと確認できました。それ以来、それぞれの治療法の単独施行とともに、これまでの治療法を統合する方向で努力しました。その結果、それぞれの長所を取り入れたイメージを中心に据えた治療法が生まれました。それを現在は統合的イメージ療法と名付けています。これによって、クライエントの方々への治療的寄与が益々全体的で確かなものになったと感じています。

 
 西宮市天道町26−9 天道町ハイツ 205号室 
                п@0798−63−5513